IMG_9492

今月、立川アレアレアのラーメンスクエアに人気店『火の豚』が入ったと聞いて、さっそく行ってきました!


このお店を一言で言うと『二郎』と『中本』(お店のポップは『蒙古』という言葉を使用)ライクなラーメンを両方とも出しているということ。なので二郎が食べたい気分の時も中本が食べたい気分の時も、火の豚に行けば満足できるという画期的なお店なんです。


ちなみに立川には『二郎 立川店』『蒙古タンメン中本 立川店』という純正店?正規店?がありますが、どちらの店よりもインスパイアである火の豚の方が駅に近いという下剋上的な様相を呈しています。


さて、今回食べたのは、二郎と中本が一杯で味わえる『フュージョン』800円です。 


IMG_9491

二郎系メニューは他の二郎/インスパイア系と同じく①野菜②ニンニク③アブラが増せるので「野菜アブラ増し」にしました。


IMG_9486


IMG_9485


IMG_9487


IMG_9490

IMG_9496
IMG_9493

数分で着丼。真上から見ると二郎と中本がきれいに半分に分かれていておもしろい!まずは上にかかってる麻婆豆腐から食べます…中本で言うと3〜4辛ぐらいでしょうか、さほど辛くないです。


IMG_9494

それから麺を食べると…


おっ!


これ説明しづらいんですが、フュージョンを頼んだので、二郎と中本ライクな味が楽しめるのはわかってたんですが、最初に麻婆豆腐を食べたので、一瞬だけ「中本インスパイアを食べてる」という頭になったんです。そこにいきなり二郎ライクな豚くさい醤油スープをまとったごわごわ麺!この瞬間的なナイスな驚きに「フュージョン」を感じました。


IMG_9488


IMG_9495

もっと辛く、もっと醤油を強くしたかったのです卓上の唐辛子とスープだれを追加…うん!いい感じ♪


ちなみに二郎&中本っぽい店って、例えば『旨辛タンメン表裏』とか『郎郎郎』とかあるんですが、火の豚のいい点は店主が元々、二郎で働いていたそうで、麺が完全にオーション使用の茶色っぽい二郎の麺なんです。


次回は二郎メニューにしようか、中本メニューにしようか…もう次の訪店のことを考えてます♪