DSC_4729
今年3月にリニューアルされたばかりの「サントリー 〈天然水のビール工場〉 東京・武蔵野ブルワリー」に招待されて行ってきました!

何がリニューアルされたかというとまず工場名。以前は「サントリー武蔵野ビール工場」という名称でしたが、リニューアル後はサントリーの強みである「天然水」で醸造されたビールであることを前面に押し出す形となっています。また、「ビール工場」→「ブルワリー」の変化もオシャレかつ美味しそうなイメージが感じられますね。

blog_import_53aaf3cebea68
それから外観の変化。以前はサントリーの社名だけだったのが、リニューアル後は社名よりも「ザ・プレミアム・モルツ」を強調。これは5年ぶりにリニューアルされたプレモル自体のデザインと同じです。

DSC_4733
分倍河原駅からの無料シャトルバスもリニューアル。以前はサントリーのコーポレートカラーである水色のバスでしたが、現在は金色と紺色のプレモルカラーです。

blog_import_53aaf3d0c829c
こちらがリニューアル前。

DSC_4736
ブルワリーの入り口や館内もプレモルカラーを前面に。

DSC_4796
「金色と紺色を見るとプレモルが思い浮かぶ」というぐらいに、世の中にプレモルカラーが定着してきた感がありますね。

DSC_4787
さて、お酒好きなグルメブロガーさんたちと館内を見学しました。ビールを仕込む釜や、

DSC_4780
その釜の内部や、(撮影は禁止です)

DSC_4762
プレモルの原料となる二条大麦の説明や、

DSC_4760
その二条大麦の麦芽を実際に食べてみたり…(結構おいしいのです!)

IMG_9644
プレモルの香りづくりに重要なアロマホップを実際に嗅いでみたり、

IMG_9668
何気なくビールを飲んでいた自分にとって、実際の原料を間近に見たり嗅いだりしたのは、非常に刺激的なひとときでした。

DSC_4816
それから以前使用されていた貯蔵タンクを利用してつくられた近未来的なトンネル。長身なブロガーさんが両手いっぱい広げても届かないぐらい広い!

DSC_4822
ビールの濾過に使われるフィルター。

DSC_4824
内部が見えるように切断されているんです。

DSC_4839
製造過程の最後はパッケージング。工場らしい画ですが、無駄なものが一切なく、非常に清潔なのが印象的。

DSC_4868
さて、この後はお待ちかねの試飲タイム! 黄色のジャケットがまぶしいブルワリーのスタッフさんによるサービング。

DSC_4856
丁寧に、かつ素早く、次から次へとサーブしてくださいます。

DSC_4872
こちらができたての新しいプレモル! グラスデザインも新しいのです。紺色の文字と赤いエンブレムで、より一層美味しそうに見える!

IMG_9713
早く飲みたい気持ちが抑えきれない!

IMG_9738
というわけで、いただきます! なぜか飲んでいる姿を自撮りしてみました。自撮りして初めて気づいたんですが、ビールを飲んでいる瞬間の写真って、目をつぶっている方が様になるんです。まるでキスをするときみたいな(笑)

ちなみに新しいプレモルは従来の華やかさは残しつつも、キリッとシャープになった印象。もちろん元々プレモルは好きですが、もっと好きになりました!

IMG_9755
それから人生で初めて経験してみた生ビールと缶ビールの飲み比べ。ちなみにビールサーバーの中身も缶ビールの中身もまったく同じものなのですが、こうして飲み比べてみると味が全然違う! 缶ビールは苦味が立っているのに対して、生ビールは心地よい苦味とクリーミーな泡が美味しさを倍増させてくれます。これは結構ショッキングな体験でした。ホームサーバー導入待ったなしか!(笑)

IMG_9757
ちなみに試飲タイムにおつまみとして出していただいた枝豆味のクラッツが非常に美味しい!

DSC_4883
普通に市販されているんですがサントリーのビール工場で売られているものは限定のパッケージなのです。

IMG_9761
あ〜っみんな買ってる! それぐらいうまいので武蔵野ブルワリーに行ったらお土産として買うのをお忘れなく。

リニューアルされた武蔵野ブルワリーを足早に紹介してきました。まだまだ新しくなったプレモルを十分に語れるほど飲んでいないので、これからもっと飲んだり、いろいろな食事と合わせたりして進化したことを感じていきたいです。それから今年は家族や友人と武蔵野ブルワリーに再訪したい♪