1
今年の7月、東京・三田にオープンしたばかりの「日比谷BAR WHISKY-SⅢ」。先日、サントリーさんのご招待で行ってきました! コンセプトは「世界5大ウイスキーの飲み比べ」。5大ウイスキーとは、ジャパニーズウイスキー、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキー、スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキーのことです。

3
店内の壁にはサントリーの代表的なウイスキー銘柄がカッティングされた大きな木版が飾られていて、ウイスキーファンの心をくすぐる内装になっています。

4
また、僕の座った真横にはたくさんのボトルがディスプレイされていて、入店してから何度となく見ていたのですが、

5
なんと! このディスプレイラックの奥には小部屋があるのです! これはアメリカの禁酒法時代にあった「隠し扉」を再現したものだそう。ウイスキーの味だけでなく"歴史"も体感できるなんてステキですね。

6
「"キング"ハイボール」580円
さて、世界5大ウイスキーの飲み比べの前に、まずはハイボールで準備運動♪ このハイボールには、以前からサントリーが扱っている主力製品であるにもかかわらず、全然飲んだことがなかった「カナディアンクラブ」が使われています。飲んでみると角ハイボールともトリスハイボールとも違い、バニリックで少しスパイシー。そのスパイシーさとレモンの風味がマッチしていい感じ! これはカナディアンクラブを買って家でも作らなくちゃ!

ちなみになぜ「キング」ハイボールなのかというと、王様とは全く関係なく、カナディアンクラブを「キン キン」に冷やしてるから笑っちゃうくらい「イッと」いけちゃうハイボールだからだそうです…。まさかの日本語!

1
「世界5大ウイスキー・フライト」980円
いよいよ世界5大ウイスキーを飲み比べする時間です! こちらのお店では、飲み比べセットのことを「フライト」と名付けています。この国のウイスキーを飲んだら、次はあちらの国のウイスキーを、という感じでテーブルの上でフライトができちゃうんです。今までなんとなくしていたウイスキーの飲み比べが、「フライト」という言葉のおかげで、「ウイスキーは本来は現地に行かないと飲めない地酒」であるという感覚になり、より興味深く、より贅沢な気分になれそうです。

さあ、フライトの始まりです!

CC
カナディアンウイスキー「カナディアンクラブ」
ライ麦とトウモロコシから作られているカナディアンウイスキーの代表的銘柄「カナディアンクラブ」。ライ麦由来の華やかな香りとスパイシーさ、トウモロコシ由来のクリーミーな香味が心地いい! まろやかで飲みやすいのでカクテルのベースによく使われるのだそう。

JB
アメリカンウイスキー「ジムビーム」
続いて世界で一番売れているバーボン「ジムビーム」。原料穀類の51%以上がトウモロコシで、内側をワニの肌のようになるまで焦がしたホワイトオークの新樽で熟成させています。トウモロコシ由来の甘やかな香味と、キリっとした辛味が特徴。僕はここ数年で、バーボンの辛味の虜になってしまっています。

響
ジャパニーズウイスキー「響 ジャパニーズハーモニー」
3種類めは、我が国・日本が誇る代表的銘柄「響」のジャパニーズハーモニー。樽の種類が異なる数十種類の原酒をブレンド。ローズやローズマリーの香りに、柑橘の爽やかな酸味&苦味のようなものを感じます。よく、ウイスキーのおつまみとしてチョコが挙げられますが、個人的にはあられや、煎餅のようなしょっぱいものが欲しくなりました。

カネマラ
アイリッシュウイスキー「カネマラ」
4種類めはアイルランド島で作られている「カネマラ」。歴史的な背景からピートによる燻蒸を行わないので、軽快でスムーズな飲み口のウイスキーが多いとされるアイリッシュウイスキーの中で、唯一スモーキーな味わい。カネマラは、初めて飲みましたが、すでに飲んだことがあるボウモアやラフロイグ、タリスカーなどと比べて、スモーキーさの奥にあるフルーティーさが心地よく、もっともっと飲んでみたいと思いました。

ラフロイグ
スコッチウイスキー「ラフロイグ セレクト」
最後は、チャールズ皇太子により英国皇室御用達に指定されている「ラフロイグ」のセレクト。総じてスモーキーなウイスキーを作っているスコットランドのアイラ島において、代名詞的な銘柄だと思います。強烈な磯の香りや薬品のにおいと表現されるこの香りは、「好きになるか、嫌いになるかのどちらか。」という極端なブランドコピーを使うほどです。僕は、もちろん好き! 何年か前に買ったっきりなのでまた近々買いたいなと思っています。

 

この5種類が10mlずつ飲めて980円! これはお得というしかない!!!

11
フライトの途中にはウイスキーと相性抜群のおつまみを。左から「三田名物 チーズべったら」「紫蘇香る 鰆の塩マリネ」「軽く燻したスモークアイスバイン」。
全部美味しいですが、チーズべったらがものすごく美味しいしウイスキーに合う♪

12
こちらは、「ハーブ香る 燻した紅茶鴨」「ポテト好きにはたまらない カナダ発プーティン」「やわらかチキンの塩麹旨み焼き」。
燻された鴨の脂が美味しすぎる!  脂だけでたくさん食べてみたい!

13
「ふっと恋しくなる 海老カツサンド」
こちらはぷりっぷりの海老が入った海老カツサンド!  これ自分で作ってみたい♪

14
ちょっと一休み(?)ということでメーカーズマークとマンゴーを使ったハイボールを。メーカーズマークにはフルーツがよく合いますね! 飲んでる最中に、特殊な製法で作られた丸いマンゴーゼリーをプチプチと食べるのも楽しい♪

CML
「チェンジマイライフ・フライト」850円
そしてこの日2回めのフライト!

こちらは、
・ジャパニーズウイスキー「知多」
・カナディアンウイスキー「アルバータ ダークバッチ」
・アメリカンウイスキー「ジムビーム デビルズカット」
の3種類。フライト名「チェンジマイライフ」の由来は、これら3種類のウイスキーが今までにない革新的な作り方をしているからだそう。

世界にも類を見ないグレーン原酒の作り分けを行っている「知多」や、ライ麦ウイスキーに1%だけシェリー酒を加えている「アルバータ ダークバッチ」、そして、蒸留酒の樽熟成時の自然蒸発「天使の分け前」の真逆、熟成樽にしみこんだ原酒を"独自の方法で"取り出して使っている「ジムビーム デビルズカット」と、どれも聞いただけで飲んでみたくなるほど個性的で革新的。

何か、新しいことに挑戦しようとしているときに飲むと勇気や知恵が湧くかもしれませんね!

15
他にはスモークごと運んで来てくれるお料理もあったりで、ウイスキーと燻製が存分に楽しめるお店です。

16
ウイスキーに燻製は鬼に金棒! ちょっとウイスキーに挑戦したいという方は、「世界5大ウイスキー・フライト」といろんな燻製料理で始めてみると楽しいと思います!

2
また近々フライトしに行きます!



店名:日比谷BAR WHISKY-SⅢ
営業時間:17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日:なし