1-3
先日、諸用で横浜に行きました。普段行かないところに行ったら、その近所の美味しいラーメンを食べるのは必須!というわけでスマホで調べた結果、神奈川県で人気上位のこちらのお店が近くにあることがわかり行ってきました。らーめん鶏喰。「とりっく」と読むようです。

夜の営業は18:00からなので20分ほど前に到着したのですがすでに3人の行列。この日は平日だったこともあって、その後はさほど行列が続きませんでしたが土日は行列必至なのでしょう、たぶん。

14
カウンター席に座って「鶏の醤油」と「鶏と鰹の醤油」のどちらを食べようか、しばし迷いました。前者は鶏100%なのでしょう。後者は名前のとおり。う〜ん迷う!

2
塩系のらーめんと醤油系のらーめんで麺を使い分けるというこだわり!にわかに塩も候補に挙がってくる。

3
普段トッピング追加はほとんどせずデフォで食べるのですが、「産みたて新鮮な卵」と言われると食べたくなる・・・

13
お店で使っている醤油や魚醤が店内に陳列されています。醤油は高級な日本酒のようなたたずまい・・・やっぱり醤油だな!

5
「味玉 鶏の醤油」880円
というわけで食べたのはこれ!セオリーとして迷ったらいちばん最初に書いてあるメニューを食べるのです。それに「まずはコレ!! 店主おすすめ」って書いてあったから!

透き通った醤油スープに3種の鶏トッピング、そして味玉の卵黄の色も美しい。

8
鶏清湯スープに透明な鶏油。鶏の味がぎゅっと搾られたようなスープ。「鶏が苦手な方はご遠慮ください」と断りを入れなければいけないほどの鶏テイスト!

7
麺はやや太くて、角が少し残った表面つるつるストレート。すすり心地、喉越し、抜群です。

9
鶏トッピングは3種類。まずは鶏ももチャーシュー。個人的な意見だと鶏チャーシューって本家の豚チャーシューに比べると物足りなかったりするのですが、この鶏ももチャーシューはロールも味も完成度が高く満足できます。

10
こちらは鶏むねチャーシュー。ローズマリーが効いていてフレンチやイタリアンのような印象。鶏とローズマリーの相性は言わずもがな、そしてとても柔らかい。こちらも完成度高し。

11
最後は鶏団子。少し軟骨の食感を残していて噛んでいて楽しいです。

12
先述した美しい味玉のアップ。味玉って味が濃いとか薄いとか、お店によってまちまちだったりしますが、こちらのお店の味玉は味の濃淡に関して一切何も感じず、ただ美味しいと思いました。つまり味の濃淡を超越して美味しいということです。

鶏スープに鶏トッピング、美味しい味玉の鶏尽くしは鶏好きの自分にとってどストライクな味。とても幸せな気分でお店を出ました。その後、電車に乗っても幸福感は続きました。そんならーめんに出会うことはなかなかありません。ごちそうさまでした!

店名:らーめん鶏喰 〜TRICK〜
TEL:045-341-0509
住所:神奈川県横浜市南区吉野町4-20
営業時間:
 [火~金]
 11:00~14:00
 18:00~21:00
 ※スープが無くなり次第、終了
 [土・日]
 11:00~14:00
 ※スープが無くなり次第、終了
定休日:月曜 (祝祭日の場合も休み)
twitter:https://twitter.com/cestcool1976

メニュー:
〜鶏の醤油〜
店主オススメの鶏がダイレクトに味わえる醤油
・鶏の醤油ら〜めん 780円
・味玉鶏の醤油 880円
・特製鶏の醤油 1000円
 ※麺大盛 +100円

〜塩〜
角のない優しい塩のスープに全粒粉入りの麺を合わせました。
・塩ら〜めん 780円
・味玉塩 880円
・特製塩 1000円
 ※麺大盛 +100円

〜鶏と鰹の醤油〜
スープは鶏でも一口目から圧倒的に鰹を感じるクセになる味
・鶏と鰹の醤油ら〜めん 780円
・味玉鶏と鰹の醤油 880円
・特製鶏と鰹の醤油 1000円
 ※麺大盛 +100円

 ※特製はトッピングの種類が増えます
 (鶏チャーシュー2種・豚チャーシュー・鶏団子・鶏ワンタン・味玉各1P)

〜ごはんもの〜
・あさりのっけご飯 250円
・鶏チャーシュー丼 380円
・ご飯 100円
・小さな贅沢 こだわり卵の卵かけご飯 300円
 ※アスタキングとアローカナの2種類の卵から選べます。