1
立川の2軒で飲んだ後、八王子に戻ってきてもう1軒行きたくなりました。たまにははしごしたくなる日もあるんです。というわけで以前から気になっていた「雑貨とカフェと憩いのBar Over」にふらっと入ってみました。

2-2
店内には最近僕がすごくハマっているバーボングッズが飾られていてちょっと興奮!ワイルドターキーのフラッグ(?)やメーカーズマークのミラーが。もちろん飲むのはバーボンですね。

3
まずは「ワイルドターキーライ」(¥600)をストレートで。去年発売されたばかりのライ麦多めのスパイシーな1本です。81proof(40.5%)をくいっと飲む幸せ。はい、2軒はしごしてきて出来上がっているのでストレートも何のそのなのです。

4
お酒を注文するとチャージ料(お通しつき) ¥200がかかります。この日はゆで卵。いいつまみです。

5-2
目の前を見るとメーカーズマークのボトルディスプレイが砂糖入れに使われている!これは飲むしかない!ということで、

6-2
2杯目には「メーカーズマーク 46」(¥600)をオーダー。するとマスターが「飲み比べてみてください」とスタンダードのメーカーズマークも注いでくれました。ありがたや〜!製品名の「46」ってアルコール度数のことだと勝手に思っていたのですが(※調べたところメーカーズマークは45%、メーカーズマーク 46は47%・・・なんか紛らわしいですね笑)、実は下記のような由来があったのです。
“インナーステイブ”とよばれる焦がしたフレンチオークの板を、熟成した原酒樽の中に10本沈め、数ケ月間後熟させました。“インナーステイブ”由来のキャラメルやバニラのスウィートな香味と樽由来の熟成香が絶妙に調和した、厚みのある味わいが特長です。商品名の「46」は、後熟に使われる“インナーステイブ”のオーダー番号※に由来しています。 ※“インナーステイブ”の焦がし具合を指定するために樽メーカーに伝える番号のこと。

なるほどね。チャー(樽の内側を焦がすこと)をあまり強く行わないメーカーズマークですが「46」では強めのチャーのニュアンスを出すために焦がした板を後入れしているわけですね。反対にワイルドターキーは「アリゲータースキン」と呼ばれるぐらい強めに焦がすのです。この日飲んだ3本とも個性の違いが感じられて、いいひと時が過ごせました。

ちなみにこの日(10日)は飲食料金が全品10%OFFの日だったそうで「お得!」と思ったのですが、実は全品10%OFFじゃない日は2杯目無料なのだそうです。つまりこの日は¥600+¥200+¥600の10%引きでお会計が¥1260だったのですが10%OFFじゃない日だったら¥800で飲めたのです。¥1260でも十分安いですが¥800って破格!さらに20日、30日はドリンクが終日半額!飲兵衛にとってすごくいいBARを見つけてしまった・・・。

わかりやすく書くと・・・
【通常日】
→18時〜19時ドリンク半額、19時以降入店でドリンク2杯目無料。
これが一般的なサービスです。

【10日】
→雑貨、飲食料金10%OFF
雑貨が買いたい!フードをいろいろ食べたいならこの日!

【20日、30日】
→終日ドリンク半額
とにかくお酒を飲みまくりたいならこの日!

ワンコインランチもやっているようなのでそちらも気になりますね!

店名:雑貨とカフェと憩いのBar Over
TEL:042-648-7976
住所:東京都八王子市横山町8-7 K-1ビル1F
営業時間:
 [月~土・祝前日]
 11:30~翌2:00(1:30L.O)
 [日・祝]
 11:30~24:00(11:30L.O)
定休日:なし
公式サイト
http://over77.com