④発酵


55c0b6c8.jpg
糖化釜の後は発酵釜の見学です。
発酵釜はかなりの高さがあり、階段をのぼった2階から見ることになります。


3c5c9b53.jpg
発酵釜の上部はこんな感じになっています。
潜水服のマスク部みたいな所から中を覗くことができます。


2e5b79ae.jpg
コンピュータでしっかり温度管理がなされています。
こういう数値パネルとかカラフルなボタンとかって、
ガンダムやエヴァンゲリオンの操縦室が頭に浮かんで
妙にワクワクしちゃうんですよね。


9c2b2e07.jpg
発酵釜では左のような一番麦汁を発酵させて
右のようなもろみにしていきます。


5dadd88d.jpg
体験イベントなので両方とも実際に飲んでみます。
一番麦汁は名前のまんま"麦の汁"
対して発酵後のもろみはシュワっと炭酸があって
マッコリみたいな飲み心地になっていました。


蒸留釜に石炭を放り込む体験をしたぞ!


909bb268.jpg
続きましては蒸留釜!
ウイスキー蒸留所というと、この蒸留釜がやっぱり有名ですよね。


c79717b5.jpg
蒸留釜の上部にはなぜか、しめ縄が!
これはニッカウィスキー創始者の竹鶴政孝氏の生家が造り酒屋であったことに由来しているそうです。


9dadd332.jpg
さて余市蒸留所の蒸留釜ですが、
世界でも珍しい石炭による直火式蒸留なのです。


dffa20dd.jpg
こちらでももちろん"体験"しましたよ。

8d47456d.jpg
燃え盛る炎の中に・・・

9ca28e3c.jpg
石炭を放り込みます!
中々熱かったですが貴重な体験でした♪


糖化釜に潜入したぞ!


90d6bf38.jpg
石炭放り込み体験の後は、先ほどの糖化釜に戻って、清掃体験です。
ずら〜っと並べられた長靴に履き替えて・・・


103a522d.jpg
糖化釜に潜入していきます!


9af00fae.jpg
ここでは糖化が終わった後の麦カスを、


e7a6a645.jpg
所定の排出口に落としていくのです。
麦カスは捨ててしまうわけではなく、家畜の飼料になるそうです。


次のエントリーに続きます!

「余市マイウイスキーづくり」体験イベントに参加しました! その3
http://pekohara.blog.jp/archives/1005017357.html

Fans:Fans