ffcdc5b7.jpg
北海道・余市町にあるニッカウヰスキー余市蒸留所で開催された
アサヒビール株式会社主催のイベント
「余市マイウイスキーづくり」に参加してきました。

ウイスキー作りの各工程の施設を間近に見たり
余市蒸留所で作られた原酒のテイスティングをしたり。
そして、このイベントで実際に樽に詰めたウイスキーを10年間貯蔵して
10年後にもらえるという何とも嬉しい企画!

6e7c7f0b.jpg
用意されたつなぎに着替えてさっそく記念撮影!
参加者みんなで同じ衣服を着たので、俄然ワクワクしました。


4cf02fc0.jpg
まずは余市蒸留所ニッカの歴史、ウイスキーの作り方などを勉強。


e895f0ef.jpg
今回はウイスキーの製造過程の
〈乾燥〉〈粉砕〉〈糖化〉〈発酵〉〈蒸留〉〈貯蔵〉の施設を見ていきます!


①乾燥


70be8222.jpg
まずは乾燥の工程から。
余市蒸留所に入ってまず目に入るキルン棟に潜入していきます。
少しかがまないと入れない入り口の中は煙が充満しているのが見えます。


31b7bf34.jpg
入ってすぐのところにピートが置かれていました。
ウイスキーにウイスキーらしい香りをつける大事な材料です。


82220ec9.jpg
キルン棟の中はものすごく煙い!
でも不思議と目が痛くなったり、むせたりはしませんでした。
奥にはレンガ作りの暖炉でピートが焚かれていました。


61bb234e.jpg
さて今度は、別の入り口からキルン棟の2階に上がって行きます。


86d1236a.jpg
窓から神々しい光が差し込む神秘的な空間に大麦が置かれていました。


cef7be16.jpg
床がメッシュ状になっていて
1階で焚いたピートの煙で大麦を乾燥させるわけです。
言い換えると大麦をスモークしているんですねぇ!

大麦を手に取ってみましたが、
まだまだウイスキーになる気配がありません!


②粉砕


1c21e0b8.jpg
粉砕の工程は写真1枚だけですが・・・
この機械で乾燥させた大麦を粉砕して細かくしていきます。
最近導入したばかりの最新鋭の機械だそうです。


③糖化


40124a72.jpg
続きまして細かく粉砕した大麦を"糖化"させる糖化釜を見ていきます。


bc9c1fc3.jpg
なんとこの後、糖化釜の中に潜入しちゃうんです!
次のエントリーに続きます!

「余市マイウイスキーづくり」体験イベントに参加しました! その2
http://pekohara.blog.jp/archives/1005017355.html

Fans:Fans