昨日はクリスマスイブだったので、家でイタリア料理を作りました。

●Cavicchioli社の「Barovier Pinot Chardonnay Brut」
06292050.jpg
まずは乾杯です。
ピノビアンコとシャルドネから作られる辛口スプマンテです。




●フォッカッチャ
3122622d.jpg


●グリッシーニ
4089178f.jpg

奥さんがフォッカッチャとグリッシーニを焼いてくれました。





●前菜盛り合わせ
1ee061e9.jpg
前菜の1皿めは盛り合わせです。
手前右から「豆のトマト煮こみ」「パプリカマリネ」「ナスのバルサミコマリネ」「あん肝」です。
それぞれをグリッシーニやバゲットと一緒に食べるととても美味しいんです。
中でもオリーブオイルとレモン汁をかけた「あん肝」はレバーパテのようでワインにもパンにも合いますよ。





●カンパーニャ州のカポナータ
8d96cd68.jpg
前菜2皿めは7月のイタリア旅行で食べた「カンパーニャ州のカポナータ」です。
固くなったパンをトマトの水分やオリーブオイルでふやかして食べる料理です。





●きのことアスパラガスのタリアテッレ
a4f14533.jpg
Primo Piattoの1皿めは白トリュフオイルをパスタに練りこみ、ソースにも使った香り高い1皿です。
ここまでの料理をスプマンテで食べました。次からは赤ワインです。





●PICCINI社の「Chianti Classico Riserva 2005」
54e457b0.jpg
いつもは軽めの赤ワインを飲んでいる我が家ですが、クリスマスはフルボディーが飲みたいと思っていました。
飲みたいのはやっぱりイタリアの象徴的赤ワインで要所要所で僕たち夫婦が飲んできたキャンティ、
しかもクラッシコのリゼルヴァがいいなぁと思っていたら高くない値段で見つけることができました。





●じゃがいものトルテッリ 鶏肉のラグー和え
f71436e7.jpg
Primo Piatto2皿めは中にじゃがいもの詰め物をしたトルテッリを
ローズマリーと赤ワインで煮込んだ鶏肉のソースで和えた料理です。
赤ワインを使っているのでもちろん赤ワインにぴったりです。





●牛肉の赤ワイン煮込み
244a3bc0.jpg
メイン料理は前日から煮込んでおいた牛肉の赤ワイン煮込みです。
冬のイタリア料理といえばやっぱりこの赤ワイン煮込みが思い浮かびます。
つけあわせには北イタリアの伝統であるポレンタを焼いたものと、ブロッコリーを添えました。

2人ともおなかいっぱいで、ワイン2本でいい気分になって大満足でした。

にほんブログ村 料理ブログへ 

ランキングに登録しています。1日1ポチ、よろしくお願いします!